古くから利用されている占い方法|九星気学で運勢を占おう

細かく正確な占い

いろいろ分ってしまう

水晶

九星気学とは、生年月日による九星と干支、五行を組み合わせた占術です。方位の吉凶を知るために使用されることが多いですが、それ以外のこともよく分かる占いです。作家の池上正太郎やイギリスの風水協会会長のサイモン・ブラウンなどといった著名人にも好まれています。それでは、具体的に九星気学を説明しましょう。九星と十二支は、年、月、日、時とそれぞれありますが、そのうち年と月が運勢に大きく関係するようです。生年によって定まる九星を本命星、生まれた月に定まる九星を月命星とそれぞれいいます。九星気学は九パターンにもなりながら、的中率も高いです。更に、生まれた年だけで分かるので初対面やこれから仲良くなりたい相手にも尋ねやすいことも大きいです。このように自分の九星と生まれた年だけで占える手軽さも良いですが、九星気学には手軽さに加えてその中身の多さも魅力の一つです。毎日の吉凶方位や過去、未来の方位盤、天道天徳も分かります。もちろん、自分のモノと相手のモノがあり愛称や吉方位などもすぐに分かります。運勢・相性・方位を占える以外にも家相にも使用できます。家相はどんな家にも吉相と凶相があり、自然の方位の影響を受けるといわれています。玄関や水周り、トイレなど家の様々モノに方位と意味があり、家を建てるとき、借りるときに参考にするべきでしょう。このように九星気学はただの占いではなく、万能な教科書のような役割があります。一度、九星気学をやってみてください。毎日が良い方向に向かうことでしょう。

占いを使って知るには

ストーン

占いは未来に起こり得ることを予測するものですが、その中でもカップルが行うべきものとして倦怠期があります。倦怠期とはパートナーに対して何らかの理由で嫌に感じるというものです。恋愛というものは付き合っている当初は新鮮さがあり、一緒に居ることが楽しみに感じるものですが、一緒にいることが当たり前になると飽きや慣れから倦怠期が訪れるようになります。この倦怠期は放置しておくと別れる原因にもなります。ただ別れることは正しい判断とも言えず、倦怠期を乗り越えることができれば互いにより強い信頼を得ることができます。一方で倦怠期を乗り越える方法として相性占いがあります。付き合う前に相性占いをして相性の良さを確かめることで倦怠期が訪れてもそれらを乗り越えられるかどうかを判断することができます。占いの種類としては生年月日から占うものや星座から占うものなどのほかタロット占いもあります。特にタロット占いは未来を予測することができるので、倦怠期を乗り越える手段を知ることもできます。タロットによる相性占いとしては、恋愛相性診断やギクシャクし始めた理由、関係を改善する方法、1年後の状態などを知ることができます。倦怠期というのは飽きや慣れといったことが理由ですが、気の持ちようで改善が可能です。このため占いで良い結果が出れば改善することができます。また倦怠期を乗り越えることができればより強い信頼を得ることができるため、占いで乗り越えることで未来を開くことができます。

今の憤りが解消する

悩む人

会社や事業所、企業など全国には数多く蔓延っています。その中で、会社の理念はそれぞれ異なります。社員にとって良い会社もあればそうでない会社もあります。自分にとって疑問に感じる会社は、自分だけではなく多くの社員も同じ気持ちを持つ場合があります。しかし、「太刀打ちできないので、そのままじっとしていることしかできない」「矛盾があっても我慢している」というのがほとんどです。今の仕事に満足していない人にとって、今仕事を辞めるべきなのかと疑問を持つ場合、仕事運を占ってみると今の仕事との相性が分かってきます。今、人気の占いのサイトでは、電話占いもたくさんあります。信頼が高い占い師に相談することで、悩みが解消することもあります。人に言えない仕事の悩みを打ち明けることで、気持ちも落ち着いて来ます。電話占いは1分300円前後で行われており、気軽に相談できるシステムも整っています。また、当たる占い師も在籍しているので、今の状況を分かりやすく説明してくれます。占いは、今辞めて新しい仕事に就くべきなのか、深刻な悩みを持つ人にとって、有力的なアドバイスを受けることができます。そして今後どのように進んだら良い道へ向かうのかもアドバイスしてくれます。今抱えている仕事の悩みを一刻でも早く解消するためには、心のしこりを取り去ることが最も大切なことです。様々な矛盾で憤りを持つ方は、占い師に相談することで楽になり、気持ちも穏やかになれます。