古くから利用されている占い方法|九星気学で運勢を占おう

上司との相性が分かる

ポジィティブな日常へ導く

男性と女性

「毎日頑張っている仕事は自分に合っているのか」ふと疑問に思う人も多いのではないでしょうか。また、成果が上がらない、人間関係がぎくしゃくしているなど、仕事の悩みを多く見聞きする昨今です。普段何気なく通勤している会社でも、ちょっとしたことでやる気が全く起こらなくなる場合もあります。それには深い原因もあり、自分では分かっていてもどうすることができない状況に陥る時もあります。また、売り上げに対しても、ノルマが上がらないので悩んでいるという営業マンもたくさんいます。仕事には運があります。最強の運の時は何をしても上手くいくケースがあり、反対に凶の月日は、全てに対して悪い結果しか出ない場合もあります。仕事占いは、年間を通じて自分の運気が分かります。何をしても上手くいかない時などに仕事占いはよく利用されています。また、占いを利用する時は、優良サイトを選ぶことが大切です。そして、占いの料金が分かりやすく記されているサイトが間違いがありません。仕事の悩みの中には、上司との関係性が断トツ的に多いのが特徴です。上司との関係が上手くいくためにはどのようにすればよいのか、常に悩み続けている人もいます。毎日ポジィティブな気持ちで仕事に臨むためには、自分の仕事運を占うことで、運気を知るきっかけになります。自分のついてる日、駄目な日などを事前に把握することで、仕事の進め方、関わり方も変わってきます。悩みを解決するには、1年間の占いで自分の運気を知ることから始めてみましょう。

真っ黒な色です

手

人は目には見えませんが、スピリチュアルな考え方をするとオーラを持っています。温かい、冷たい、明るい、暗い、恐い、その人の今の心理状態が色や感覚で表現されます。負のオーラを纏っている人は外見も暗く、表情も暗かったり無表情だったり、あるいが眉間にシワが寄り険しくなっている人もいます。負のオーラとは自信のなさから出て来るもので、「どうせ自分なんか」と卑下する人もいれば、逆に何かに執着をしたり、ひがんだりいつまでもネチネチしつこい人もいます。そういった人が纏っている負のオーラとは真っ黒で感覚的には安心して近寄れない雰囲気を醸し出しています。類は友を呼ぶと言った言葉がありますが、負のオーラを纏っている人に寄って来る人は当然相手も同じように負のオーラを持っています。余程影響力のある明るいオーラを纏っている人が寄って来て、変化する場合もあると思いますが、基本的にはその人自身が気付きを得て明るいオーラに変えて行くしか方法はありません。負のオーラを纏っている人は環境が良くない所にいたり、人間関係がギスギスしていたり、仕事がうまく行かないなど様々な事が起こり、明るいオーラに変えるチャンスが到来するのですが、それに気付かず、自身も自分を変えようとしなければ変える事は困難になります。一つだけ方法があるとしたら、「相手は自分を映し出す鏡」と捉えて気付く方法です。「人のふり見て我がふり直せ」と言う言葉もあるほどです。負のオーラを纏っている人を見て勉強するというのも幸せになる一つの方法だと思います。

占いで一年を知る

水晶

2017年の運勢を知りたい方法として占いはとても人気を集めており、多くの人から利用されています。男性の利用者もいますが女性の方が圧倒的に多く、占い師も全国各地に存在するので気軽に利用することが出来るといえるでしょう。占い師によって占う方法というのは様々で、タロット占いや占星術、スピリチュアル占いなどが挙げられます。生年月日や名前、もしくは血液型などで占い結果を出してもらうことが出来るので、2017年がどんな年になるのか知りたい人は占い師に占ってもらうと良いでしょう。また、占い方法や占い師によって料金が異なってくるので予め確認しておくことが大切です。リーズナブルな場合は1000円からで占ってもらうことが出来るのですが、特にスピリチュアル占いは少し高くなるので把握しておきましょう。スピリチュアル占いの場合、生まれ持った力を利用してみてもらうことが出来るので、勉強して出来るようになるものではありません。また、先祖や前世、オーラなどからみて占ってもらえるので当たる確率が高いと評判を集めています。2017年の運勢を知りたい場合、スピリチュアル占いに頼ってみるのも良いでしょう。少し先の未来を知ることによってより良い一年を送ることができ、また良いことが多いとハッピーな気分で一年を送れるので良い運気も舞い込んでくると考えられます。